スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リム打ち

天気とパンクの関係http://ecycle8.blog33.fc2.com/blog-entry-8.html
でお話した事以外で、よくありがちなパンクの原因といえば、タイヤの空気圧が少ない事です。

タイヤの空気が少ないときに、勢い良く段差を上ったり、下りたりすると、「リム打ち」というパンクになりやすいです。
これは別名「スネークバイト」とも言われています。
ヘビに咬まれたときのように、いっぺんに穴が二ヶ所開くことからそう呼ばれています。
08年10月8日
クリックすると拡大

上の図で説明しますと、車輪に衝撃が加わったときに、Aが地面と当たり、間に挟まれたBとCに穴が開くという訳です。

空気をしっかりと入れておけば、滅多にリム打ちになることはありませんが、半年間くらい空気を入れないという人がかなりいらっしゃいます。
最低でもひと月に1回は空気を入れたほうが良いです。

また、空気圧が少ないと、カーブを曲がるときに、タイヤが地面を踏ん張る力が弱くなりますので、そういった理由からも、走り出す前に空気圧を見るのが理想的です。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

つみきマン様

マニアでも、オタクでも、なれると良いんですけどね。
つみきマンさんは、僕なんかが言うのもなんですけど、今の書き方そのままでも良いとおもいますよ。

No title

あのガン!ってくるのですよね。
スネークバイト!名前はかっこいいー。
マニアは期待してます。なってください。
20090723さんも達人ですね。
OpenOfficeもすごいものです。絶対使いましょ。
私も情報発信しなきゃ。
・・まだ何もないかも。
ありがとうございます。

No title

20090723様
コメントありがとうございます。
マニアっぽいですか?
いつか本当のマニアになれたら良いな、と思います。
今は変人という感じの風貌でしょうか・・・

独立の方は、計画の全体的な見直しが必要だと感じています。

20090723さんこそ本当にITの達人です。

何か

やっぱりMore先生がおっしゃっていたように、自転車の相当なマニアックぶりを発揮しているところがすごーくいいですねー!
ブログのタイトル1つ1つで自転車大好きさん向けの達人的な本が出せてしまうくらいだなーと感じました。
店舗を構えれそうな場所、見つかるといいですね。
またです。

No title

RICARDO様
いつもコメントありがとうございます。
普段はリム打ちって言ってます。
横文字使うと気恥ずかしいですから(^^;

No title

「リム打ち」の経験あります。
しかも別名「スネークバイト」ってかっこいい~。

パンクにも業界用語があるんですね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。